未成年はクレジットカード現金化するな!?

未成年はクレジットカード現金化するな!?

クレジットカード現金化を利用したいと思うなら、まずはクレジットカードがなければ話になりません。そもそもですが、基本的に18歳未満の未成年はクレジットカードが作れないので、18歳未満はクレジットカード現金化を利用することはできません。

 

ですが、高校生を除く18歳以上であれば、保護者の同意つきでクレジットカードを作ることができます。つまり、未成年でもクレジットカードが持てるということです。

 

クレジットカードを持っている未成年で、現金がどうしても足りなくなり、現金を手に入れる方法を探したとします。そこでクレジットカード現金化を知ることも多いのではないでしょうか。

 

しかしながら未成年がクレジットカード現金化業者に申し込んだとしても断られます。これが普通です。クレジットカード現金化自体はクレジットカード会社の規約に違反するためにグレーな手法という認識がありますが、クレジットカード現金化業者自体は未成年の利用に関しては寛容ではありません。

 

断られた未成年の人は、未成年でも利用できる業者を探すかもしれません。しかし、それは時間の無駄です。ほぼすべての業者は未成年の利用を断っています。

 

もちろん、ほぼすべて、ということは、すべての業者ではないです。ではどのような業者が未成年でも利用できるとしているか、それは詐欺業者です。
未成年でもクレジットカード現金化できるとしている業者は、実際にはクレジットカード現金化を利用させず、詐欺で利益を得ようとしているのです。

 

一般的に、未成年であれば社会経験が少ないことが予想されます。社会に出て10年以上働いているという人であれば気づくことも、未成年であれば気づかないということはあります。

 

特に、クレジットカード現金化はグレーゾーンなサービスです。だからこそサービスについての内容であったり、クレジットカードの仕組みについてであったり、しっかりとした認識が必要なのです。
未成年でクレジットカードを持っているということであれば、クレジットカードを持って間もないということになります。そもそもですが、クレジットカードの仕組みなどをしっかりと理解している人であればクレジットカード現金化など絶対に利用しないでしょう。

 

詐欺業者にとっては、『クレジットカード現金化をしようとしている未成年=鴨が葱を背負ってくる』という認識です。知識のない未成年は詐欺の標的にはもってこいということですね。
クレジットカード現金化は、未成年はもとより、誰であっても利用するべきサービスではないのかもしれません。