店員の対応がかなり違うらしい!?

店員の対応がかなり違うらしい!?

金策したいです、クレジットカード持っています、比較サイトを使って調べました・・・さあ申込み!

 

申し込みするまでに勇気のいるクレジットカード現金化サービスですが、どれも甘い誘惑を感じさせる言葉の数々はまるでネオン輝く繁華街のよう。

 

良い事しか書いていない業者が多く、お世辞にも詳しく取引内容が記されているとも感じませんので、ここで勇気を振り絞って電話を掛けてみることになると思いますが、意外と女性の店員さんが居たりします。

 

しかし、男性でも女性でもその「店舗の方針」があるのか、最初に受け取った女性にあれこれ質問しても的を得た回答が無く、最終的には内容を聞いていたのか何のか男性の声に変わります。

 

あーだこーだ言う客は面倒くさいのでしょうか?やたら威圧的な態度で話す店員もおり、接客サービス業に従事している者とは思えないくらい酷い対応の方も。

 

具体的なトークについては、アヤフヤと言いますか印象に残らない会話だったのですが、とにかく人当たりの良し悪しが店舗によって異なります。

 

クレジットカード現金化業者では、本人確認資料の提出が基本的な手続きが必要とされるため、話して安心できる店員さんでなければ、特別にその店舗に固執する必要は全くありませんし、既に利用している方もこのような経験を感じているのであれば乗り換えるべきです。

 

ただの磁気カードを利用しているのでは有りません。

 

クレジットとは信用の意。

 

それを業者相手に決済を実行する仕組みになっているわけですから、安易な比較は絶対に辞めるべきと言えるでしょう。

 

クレジットカード現金化業者の数自体が減少傾向にあり、年々トラブルや不安に感じるといった相談件数の報告が挙がる機関におきましても、全盛期の2、3割程度の相談件数まで減っています。

 

換金の方法がクレジットカードに捕らわれず多様化する様をウォッチングしておりますが、現金で無くクレジットカードでも無くAmazonギフト券が決済手段とする詐欺グループによるギフト券市場が盛況です。

 

今後も新しい手口の進化により、グレーと言われる商法の誕生に歯止めを掛ける事は出来ないのでしょうかね?

 

仕方なく利用する際には、業者の対応を見極め、取引相手として相応しいのか考えるようにしてください。