クレジットカード現金化の比較サイトは信用するな

クレジットカード現金化の比較サイトは信用するな

既に何処かしらのクレジットカード現金化業者に利用はしてないけれど問い合わせをしたことがある方、または換金を実行した事が有る方はご存知かもしれませんが、申込みする前に思っていた事と実際の取引内容が異なるのではないでしょうか?

 

そう、誇大表現を用いた宣伝文句を鵜呑みにしてしまうことです。

 

これは業者のホームページがよく言われるコトですが、業者に辿り着く手前の段階、つまり比較サイトの閲覧時にも同様のコトが言えます。

 

評価評判口コミを精査した上で「このお店に決めた!」と決意するわけですが、業者のホームページに書いてある内容も悪くないし、そのまま手続きにすんなり入ってしまい易いですよね。

 

自分で決めたコトですから、尚更でしょう。

 

申し込みをする前から騙されていたと解釈するべきで、このように実際の取引なんて知るはずもない比較サイト運営者が誇大表現を用いてステマをしていると言っても過言ではありません。

 

本来であれば適切な情報とリアルな声を届けるべき比較サイトが、そのリンク発信先から広告報酬を受け取っていると想定すると、その手続き内容の辻褄が合致してきませんか?その通りなんです。

 

しかし、業者間の比較は良いと評価されるところも悪いと評価されるところも、同じクレジットカード現金化というサービスで有る以上、デザインや売り文句は似たり寄ったりで差別化する事は出来ません。

 

むしろすべて同じにしか見えませんね(笑)

 

それでも比較サイトならステマなのか否か判別する事は難しくなく、単純にサービスに関するリスクの説明が有るか無いか、またその情報ボリュームは豊富かと言う事に着目してください。

 

当然、ランキングしか無かったり、ただ業者のキャプチャー画像が並べられているペラサイトは信用に値しない事ぐらい検討が付きますよね?その内容が充実していればしているほど、その比較サイトは安心して閲覧しても良い、ここで初めて業者の比較に取り掛かれるわけです。

 

めんどくさいですね〜!

 

こうして消費者を悩ましてしまう原因は、悪質比較サイトがSEO対策と呼ばれるものにお金を使い、わざと検索順位を操作しているからこの事態が起きているのです。

 

一体どうやっているのでしょう?こういうモノに対してペナルティを検索エンジンが与えれば良いのに、なんて思いますし、中身の無いページなんて煙たいだけですからね。

 

それでも、こうして事前に情報を知っていれば予防する事は出来ますので、当サイトの情報が比較検討中の方々のお役に立てることが出来たら幸いです。