クレジットカード現金化は審査不要

クレジットカード現金化は審査不要

消費者金融では欠かすことのできない、消費者にとっての鬼門とされる「信用情報機関」への情報照会を一口に審査と呼んでいます。

 

その為、過去に貸金業者を利用したことの無い方は「履歴」に傷が無い状態ですから、固定収入さえあればアルバイトでもパートでも貸出審査は比較的簡単に通過します。

 

しかし、過去に同社、他社いずれにしても借金の履歴がある方は、その返済状況と現在の経済環境もスコアリングという採点方式で簡単に割り出されてしまう事により、借金の積み重ねが出来ず、どこも貸してくれないという状況に陥ってしまいます。

 

そんな中でもクレジットカードさえもっていれば現金を作り出すことが出来るとして、クレジットカード現金化が受け皿になっているようです。

 

このサービスに拍車を掛けたのは、政府が段階的に進めていた総量規制の最終項目である、年収1/3を限度とする法改正でした。

 

国民生活センターによるクレジットカード現金化関連の相談件数も、その施行された2011年度をピークに相次いでいる事からこの業界のバブル期にあったとも言えますが、翌年より悪徳業者が軒並み検挙された背景もあり、今現在までにその業者の数や広告ともに減少傾向が続いているようです。

 

借りれる金額に制限が掛かるという事は、それまで借りていた人が払い続けていた金額は取り返せるという事で、司法書士による「過払い請求」なんて広告が乱立するキッカケにもなりましたが、年収制限以上の金策を求める消費者が向かった矛先が、結果的にクレジットカード現金化になったと言う事。

 

元々信用情報機関をクリアして発行されているクレジットカードですし、与えられた与信枠の利用先に制限されることは無いですから、使い方はホルダー次第と言えます。

 

ただ、換金を目的とした利用は発行元の会社として危惧されている「踏み倒し」のリスクが有る為に、クレジットカード現金化目的では使っちゃダメだよ、と言っているので、支払いが滞りなく利用していれば所有者にとっては金策のメリットがもたらされ、発行元に対しては売上が上がる仕組みですし、ある意味win-winの関係とも言えるかもしれません。

 

消費者金融は、利用者が増え2回3回と利用していくうちに、滞納したりどんどん顧客が焦げ付いていきますから、常に安定した新規利用客を集客する事に必死になっており、今現在では某超有名アイドルを採用して「貸金業はクリーン」というイメージを植え付ける広告展開まで行っています。

 

クレジットカード現金化はダメだけど、貸金業は大丈夫だよ♪というのもナンセンスな話であり、こうしたテレビCMは小さな子供も見ますから、広告収入目的で有るとは言え各放送局は貸金業の広告掲載を認めてはいけないと私は強く感じています。