支払いは業者にするのか

支払いは業者にするのか?

フツーに生活をしていれば、クレジットカード現金化なんて知る機会は皆無ではないでしょうか?

 

たまに繁華街に構える店舗や捨て看板にて、そのサービス名をなんとなく見たことが有るくらいで、誰しもがあんな店にお世話になるつもりなんて想像をしないまま、これまで生活をしてきたと思います。

 

私もそうだったのですが、いざ金銭面で困窮しますとこれまでに過ごしてきた金銭感覚の崩壊と、金策を考えても出てくるはずもないのに悩んでしまう精神的ストレスは「この世の終わり」すら感じさせる絶望に陥ります。

 

友人や知人にお金の話を持ちかけるにはかなりの勇気がいるはずです。

 

私は家族に頼った経験はありますが、友人にはこれまでの縁が切れそうでとても出来ませんでした。

 

このように、誰かに頼る事が出来る人もいれば、誰にも相談出来ないで悩んでいる人もこの中多いはずであり、そんな八方塞な状況を打破することが出来るのがクレジットカード現金化と言えます。

 

もちろん、キャッシュカードやSuicaに始まる電子マネー等、カードっぽいモノがあれば換金できるワケありませんので淡い希望を抱くだけ無駄です。

 

しかも、クレジットカードを利用するという特性上、業者に対して直接的な支払い義務は一切無く、取り立てや催促をする電話が鳴る事はありませんし、振込または手渡しで現金を受け取る事になりますが、それを返せなどとイチャモンを付けられる事もありません。

 

中にはこのような、ヤミ金まがいの営業をしているところも可能性としては否定できない為に、ネット上の比較サイトでの情報収集はいまや欠かせない要素と言えるでしょう。

 

サービス自体は極めてグレーな商法ですが、換金方法次第で法の網を掻い潜れているのか、様々な形で業者が存在しています。

 

業界の移り変わりについて調べてみると、例えばAmazonギフト券なんか面白いですよ。

 

CtoCでの取引を仲介するギフト券市場が誕生し、今では各種詐欺グループの決済手段として用いられているギフト券を換金する手立てとして、その片棒を担ぐ仕組みに取り入れられてしまっており、莫大な利益を得ていると思われますが、一般ユーザーとそのような悪徳業者の混同により、これまで前例がないクレジットカード現金化の手口ですから今後こうした取引所も摘発されても何らおかしくないと考えられています。

 

少なくてもクレジットカード会員停止処分等、突発的トラブルを被る可能性を考慮し、利用にあたっては自己責任が付きまといますから本当に利用するべきかじっくり比較検討した上で、問い合わせをするように注意してください。