プランが用意されている!?

プランが用意されている!?

いざクレジットカード現金化業者に申込みをしようとすると、「レディースプラン」や「即日プラン」に「1weekプラン」など、名称だけで換金率が変わるという印象を受けるタイプの業者があります。

 

その他にも言い回しが異なるプランは有りますが、このようなプラン分けにより特定条件に当てはまる方に対する換金率を提示される仕組みになっており、多くの場合即日対応よりも日数の掛かるプランの方が優遇される傾向に有るようですが、目的は同じクレジットカード現金化です。

 

クレジットカード現金化には複数種類の方式が有り、申込みをした人物が最終的にお金を手に入れる為の工程を指すものであり、業者によってその種類は異なってくると考えると分かりやすいかもしれません。

 

「目的地は一緒だけど、ルートが違う」

 

こんなイメージを持って比較する事で理解しやすいと思います。

 

店によって、その種類が一つなのか複数あるのかは当サイトでは定かではありませんが、各種プランによって明確に換金率が違う事をアピールしている場合の多くでは、「即日」「商品返送後」など、時事系列でプランを示す場合が多いのですが、前述にも挙げたように「女性専用フォーム」「シニアプラン」「法人様専用フォーム」など、クレジットカードホルダーの経済環境や身分から振り分けられる業者の場合には、換金率を落とす為の戦略である確率が非常に高いのが実体です。

 

後者は悪徳業者の代表的手口に挙げられ、例えば女性専用窓口になっているが男性もそのクレジットカード現金化業者を利用しようと試みた場合、「貴方は男性ですから換金率が下がります」というように、業者が売り文句にしていた換金率から著しく下げられてしまうのです。

 

完全に店都合によるデザインとプランの設置で有る事を理解して頂けたのではないでしょうか?そんな消費者を振り分けるような対応よりも、初めから統一されたサービスの方がややこしくなく、非常に親切であると考えるべきです。
手段が豊富に有る事をメリットであるとする店舗もありますが、それだけ逃げ道が用意されていると言う事であり、申込みをする側は単純に現金が手元に欲しいという欲求が先頭で有る為に、このような手口に気付きにくい事があります。

 

比較サイトでの評判が幾ら良くても、広告費を支払って掲載されている事が多いので「今月は掲載されていたけど翌月には消えていた」という事が当たり前に有る業界です。

 

情報を発信しているサイトでは、その全てを鵜呑みにするのでは無く、あくまでも心構えを持つための準備として捉え、最終的に問い合わせした際の対応で利用を選択するようにしてください。