【おさらい】クレジットカード現金化を利用するには?

【おさらい】クレジットカード現金化を利用するには?

クレジットカード現金化をするためには、どういった条件が必要なのでしょうか?誰にでもできるものなのか?基本的事項を再確認するべく必要な知識や条件などを洗い出してみました。

今持っているクレジットカードは利用可能か?

18歳以上で安定した職業(パート・アルバイト含む)に就いていて一定の収入があれば、クレジットカードを作る条件は一応満たされることになります。

 

まだ無い、という人は、クレジットカード会社の中でも、窓口で即日作ることができる会社を選ぶといいでしょう。(セゾンが有名です)

 

クレジットカードは、国際ブランドと呼ばれるものが付属されており、VISA、MASTER、JCB、AMEXという呼称は誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか?他にも中国でよく使われている銀聯もありますが、世界的にまだまだ普及しているとは言えません。

 

まずこの4つの国際ブランドを押さえておけば、クレジットカード現金化が使えない、という悲劇は無くなるでしょう。

 

また、クレジットカードを業者に郵送するものでは無いですが、対面する形式の店舗でも店員がクレジットカードを持って不審な動きをしたと思ったら、その業者での依頼は当然止めておきましょう。

ショッピング枠を確認しよう

普段からクレジットカードをよく使うタイプでしょうか?あまり使ったことがない人は、例え所有していても一体幾らまで使えるものか忘れている場合があります。(実際私もしょっちゅうです)

 

よく使う人でも、固定費として挙げられる水道光熱費や通信費など・・・毎月のカードの引き落とし額が幾らかあるはずです。

 

確認の重要性は言うまでも有りませんが、与信枠を利用するということは借金をすることと同意義であると捉えてください。

 

つまり、いくらかの利用残高があるということですが、クレジットカード会社に電話で問い合わせてみたり、ネットで利用残高や利用履歴もできるようになっています。

 

ショッピング枠がいくら残っているかで、用立てられるお金が決まってきますので、確認は大変重要な作業になりますし、そんな難しい作業ではありません。

 

もちろん、還元率もありますから利用残高の100%まで手にする訳では無いので注意してください。

身分証や振り込み口座が必要

キャッシングの新規申し込みのような審査はありません。

 

しかし、必ず身分証明証の提示を求められます。

 

本人のものであるのかどうか&不正利用をしていないか、といった意味でも重要な意味を持ちますので、ここでは個人情報の取り扱いに厳しい業者を選ぶべきでしょう。

 

現金の受け取りには、直接店舗で受け取るよりも本人名義の銀行口座への振り込み入金が最も確実です。

 

自分の銀行口座でなければ必ず断られますし、手渡しよりも履歴が残る方法を選びましょう。

 

こうした部分に甘い業者には、クレジットカード現金化というリスクが無いとは言えない取引なのですから依頼してはなりません。

まとめ

クレジットカード現金化を利用するには、いくつかの条件があります。

 

まずは国際ブランドのクレジットカードを持っていて利用可能であることです。

 

また、当然ですが、お金に換えられるだけのショッピング枠も確認すべきです。最後は身分証明証や本人名義の振り込み銀行口座も必要です。