債務整理で気になるお金の問題

債務整理で気になるお金の問題

借金問題で困っているからこそ債務整理という選択をするのかと思いますが、その債務整理にもお金はかかります。

 

できることなら債務整理にかけるお金もできるだけ少なくしたいと思う方がほとんどでしょう。

 

しかしながら、債務整理をよりうまく進めるためには、あえてお金をかけたほうがいいということもあるのです。

 

過払い金請求による手続きがいい例です。

 

自分でやればお金は浮くけどリスクも大きい

債務整理は自分ひとりでおこなうこともできます。

 

例えば、債務整理の中の特定調停であれば、金融機関1社あたり1000円以下で済むこともあるのです。

 

自分ひとりで債務整理をしていくのであれば、かなりお金を浮かせることができます。

 

しかしながら、お金を浮かせられる分、リスクもあります。

 

というのも、債務整理の中では交渉というものが出てきます。

 

はっきり言って、この交渉のときに「素人だから適当なこと言ってもわからないだろう」と足元を見られてしまうこともあるのです。

 

何もわからないまま、不利な状況に持って行かれるという可能性もあります。

 

もともとしっかりとした専門知識を持っている方であればひとりでも十分に交渉できるかもしれませんが、そうでない方はハイリスクになってきます。

 

専門家に依頼するとお金はかかるけどリスクは少ない

弁護士や司法書士といった専門家に債務整理を依頼すると、お金はかかります。

 

どの債務整理の方法を選択するのかによっても違ってきますが、万単位のお金、十万単位のお金がかかってきます。借金で困っている方にとっては大金でしょうが、専門家に依頼することによってリスクを回避することができます。

 

ひとりで債務整理をするよりもはるかにスムーズですし、足元を見られることもありません。

 

むしろ、交渉を有利に進めてくれることでしょう。

 

専門家も債務整理の依頼を受けているくらいですから、依頼人がお金に困っていることは十分にわかっています。

 

そのため、依頼にあたって必要になってくる費用を分割にしてくれたり、後払いにしてくれたりすることもあります。

 

お金に困っている方のために、特別な料金体系を用意してくれるような良心的なところもあります。

 

また、過払い金が発生していれば、それを費用にあてることもできますので、お金がなくとも専門家に依頼して、有利な形で債務整理を終えられることもあるのです。