クレジットカード現金化の種類

クレジットカード現金化の種類

このサービスにおける俗称は複数あり、それぞれのキーワードでSEO対策を施して集客しているサイトは幾つも確認する事が出来ます。

  1. クレジットカード現金化
  2. クレジット現金化
  3. カード現金化
  4. 現金化
  5. ショッピング枠現金化

まあ私は面倒くさいのでクレジットカード現金化と略してしまうのですが、どれも同じ目的で取引されるサービスです。

 

実は一口に言っても、ショッピング枠の換金方法は店舗ごとにより多種多様の方法が存在しており、現金を還元する方法や商品を買取をする仕組みなど、業者間によって換金方法が違います。

 

結局同じ目的であるのに、架空商品取引による還元をしていた業者が捕まってから、買取に移行する業者が増え始め、買取は安全と謎の風説の流布が今でもありますが、一番最近に検挙された業者は古物商の買取業者でしたので、その伝説(?)も幕を閉じています。

 

前述にも属さない仕組みが返品・キャンセルの仕組みを使った、手数料を引いた形で返金を行う換金業者もありますが、表向きはクレジットカード現金化業者とは違うとしたいのか、あまり露出はされずに掲示板や無料ブログ等でステマをしている様が見れます。

 

何が良くて何が悪いのか、明確な基準は一つも有りませんので、各業者の言い回しや営業トークに騙されないように気を付けましょう。

 

基本的に消費者に利用させないと利益を生まないのが業者の立場ですから、ここは逆手に取って疑って話を聞くことが大切であると言えます。

 

近年は、世間一般的な買取業者と同じように、商品を買い取る仕組みと称して集客をしている業態を確認出来ますので、媒介物を変える事で懸念されるリスクに対するイメージを緩和する事を目的としているようで、従来の営業方法と並行したり、鞍替えするように運営されているお店が確認されています。

 

これは、古物営業許可番号を検索すると確実に確認出来ますので、もし気になった業者に番号が掲載されていましたら、ぜひ検索に掛けてみてはいかがでしょうか。

 

言い方の違いもあれば、商品も違って、対応も各々で異なる・・・換金方法に正しい手法なんて発行元が認めていない限り、どれも無いものだと理解するべきで利用者にとってノンリスクで実行できるコトは一切無いと当サイトでは考えます。

 

比較サイトだけが正しい情報とは言えない事も確かであり、最終的なジャッジは自己責任になる事を十分に認識してください。