優良と評価されるクレジットカード現金化

優良と評価されるクレジットカード現金化

グレーな金策方法に優良業者など存在するのだろうか・・・?

 

各関連団体に省庁までが、クレジットカード現金化に対して警報・注意喚起をするまでに至っているものの、あくまでも警告程度に留まっているだけで、実際には検索すれば関連サイトは無数に表示されています。

 

それでもその業界の中で優良・悪徳と比較サイトでジャンル分けされているようで、基本的には申込み者が手元にお金が入るまでのスピードと従業員の接客態度・対応、利用した与信枠に対する換金率や還元率の3点が評価ポイントで有る事が主流です。

 

それを評価しているサイト管理者は一体どのような人物であるのか、と言う事に関しては、ほとんどのメディアサイトで露出されることは無く、ごく一部の方が名前を出していますが、中には過去に犯罪歴のある方もおり、今でもネット上にインデックスされているのを洗い流す為か、逆SEOと呼ばれるくずサイトを生産していたという事も確認出来ます。

 

そういった方がクレジットカード現金化のサービスを紹介していると考えますと、やはり横の繋がりは怪しい人脈が有りそうですね・・・。

 

なかなか世間に素性を晒す行為は、芸能人でも無い限りなかなか勇気の要る行為ですから、ネットという匿名性の高い別次元の世界が現実世界に並行する形で進化している理由では無いでしょうか。

 

そのような比較サイトの閲覧も、クレジットカード現金化業者と同様に情報の信ぴょう性を疑う事をオススメします。

 

前述のように、小学生の子供が執筆していようが、飲み屋のねーちゃんが書いていようが、前科者が書いていようが分からないのがネット特有の現象ですから、これは全てのWebサイトに言える事であり、本当にその情報が真実なのかは自身で検証するしか残されていません・・・あるいは知人を介するしかないでしょう。

 

特に「金」が関わるサービスの背景には、非常にデリケートな問題を抱えている方が多いワケですから、これを当てに金策計画を立てる方も居れば拠り所にしている方もいるでしょう。

 

クレジットカード現金化はどのような状況下でも、打開できる最後の切り札になり得る可能性が有るのに全否定されてしまっていると思います。

 

審査を通過した上で所有を許されているのですから、本人が承諾した上で実行される換金は自己責任で有ると言えますので、クレジットカード現金化業者だけの問題では無いという事については軽視されがちです。

 

本物の優良店を決めるのは、比較サイトの管理人や業者の宣伝文句では無く自分であることを忘れないでください。