クレジットカードのキャッシング枠と現金化との関連

クレジットカードのキャッシング枠と現金化の関連

クレジットカード現金化においては、ショッピング枠を利用することがメインで有る事が必須ですよね。

 

しかしその一方で、キャッシング枠はどうでしょうか?枠があれば、利用すべきなのでしょうか?キャッシング枠と現金化の関連についての解説で、既に換金してしまった方については手遅れとなってしまいますが、まだ比較検討中の方はぜひ一読ください。

 

キャッシング枠もあることを忘れないように

 

クレジットカードを持っている人なら、ショッピング枠の他に、キャッシング枠もあることを知っているはずですが、でも使ったことが無いから幾らあるのか知らない、という人も多いようです。

 

ネットショップではカード決済を推奨しているお店が多く、それ以外の利用方法としての存在につきましては、「お金を借りるために利用する」ことは敬遠しがちである事は間違いありませんが、そのように煙たい存在が意外にもそのお金の悩みに対する救済策である事に気が付かなければなりません!

 

使い方が違うからこそ、どうやって使うのか、クレジットカード現金化とは何が違うのかを理解しておきましょう。

 

キャッシング枠も使わないほうが良い事は間違いない

 

クレジットカードのキャッシング枠は、利用するのも簡単ですし、ネットやATMでも気軽に利用できます。

 

しかし、どうしても現金を引き出す必要があるとき以外は使わないほうがいいでしょう。

 

それよりも、クレジットカード決済のタイミングの機会は年々増加傾向で有り、ネット決済やクラウドソーシングの支払では、商品の購入以外にもサービスやコンテンツの支払に使うことが多くなっていますよね?その際、銀行振り込みや電子マネーを使った決済を行っていると手続きが面倒です。

 

やはり、クレジットカードは決済をメインに使うべきで、最低一枚は持ち、あくまで今日におけるネット社会の通貨の代わりとして利用するべきです。

 

キャッシング枠をクレジットカード現金化と比べると?

 

クレジットカード現金化は、キャッシング枠の換金では無く、ショッピング枠の換金を指しており、お金を借りるならできれば、キャッシング枠を利用してください。

 

この与信枠は発行元があなた自身に対して融資を行う事が出来る金額が設定されているのですから、つまり、普段は利用すべきではないけれど、緊急時にはこちらを利用したほうがマストということです。

 

その次に、キャッシング枠が無くなったときには最終的にクレジットカード現金化を利用してください。(手数料の発生により金利の概念では取引されていませんが高くなります)

 

返済が一括でできない場合は、さらにリボ払いで発行元から手数料が請求されますので、ここで初めて金利について注意しなければならないワケです。

 

まとめ

 

与信枠にはショッピング枠とキャッシング枠が存在し、ネット決済も日常で利用するようになり、クレジットカードの利用機会が増えています。

 

キャッシング枠はどうしても現金が必要なときに使ってください。

 

そして、キャッシング枠がなくなったときに、クレジットカード現金化を利用するような使い方がベストです。