クレジットカード現金化の悪徳業者はいずれ消える

クレジットカード現金化の悪徳業者はいずれ消える

クレジットカード現金化はクレジットカード会社からすると規約違反行為であり、社会的に見ればその手法で現金を手に入れることはグレーゾーンであると認識されています。

 

厳密にいうならばクレジットカード会社から金品を騙しとる行為に当たるので、実際に訴えられると横領罪に該当します。

 

ただし今まで訴えられた人はいないので、その理由からグレーゾーンという認識をされているのです。

 

社会的にグレーゾーンと認識される業界では、利用者の弱みに付け込む悪徳業者と呼ばれる業者がはびこります。

 

クレジットカード現金化の場合、業者によって仕組みそのものが違っていたり、利用者が手法自体をあまりよくわかっていないということから利用者を騙しやすいという傾向があります。

 

また、クレジットカード現金化は利用すること自体が規約違反行為なので、その弱みを握られるということになり、悪徳業者の付け入る隙が生まれやすい業界であると言えます。

 

利用者を騙しやすいということは、利用者を騙すことができれば利益自体が大きいので参入してくる悪徳業者も多いことになります。

 

実際に業界を見てみると、多くの業者が存在することが確認できるでしょう。特に、2010年に借金の総量規制が施行されてからは業者の数が多くなりました。

 

それに便乗して悪徳業者も多くなったということになります。

 

しかしながら、業界に参入する業者が増えるといっても、もちろん消えていく業者もいます。

 

それが他でもない悪徳業者です。これはどういうことでしょうか?クレジットカード現金化業界は他の業界と同様に老舗と呼ばれる業者がいます。

 

長く営業を続けているということは利用者に使われ続けている実績と知識があるということであり、利用者を騙して反感を買うようなことはできないはずです。

 

初めての利用を考える人でも、実績がある業者を選びます。

 

つまり、悪徳業者は利用する人が少なく、営業を続ける意味がないのです。

 

ただし、悪徳業者は利用する人が少なくても騙せれば利益は出ますから、ある程度の期間が経つと名前を変えて、また営業を続けるのです。

 

増えたり減ったりするのは悪徳業者が名前を変えているだけである可能性も否定できませんし、利用を考える際は、同じ名前で長く営業を続けている老舗の業者に申し込むと一番話が早く、騙されることもないはずです。

 

くれぐれも悪徳業者の都合のいい話に乗らないようにしましょう。