クレジットカード現金化業者の比較方法

クレジットカード現金化は簡単に実行出来るけど

たった一枚の磁気カードが人生の危機的状況を救うかもしれません。

 

大袈裟に言い過ぎでしょうか?しかし、このサービスに辿り着くにはそれ相応の葛藤があったに違いは有りません。

 

業者を紹介する比較サイトを何十サイト閲覧しても書いてある事は、業者を称賛するコメントばかりが目立ち、誹謗中傷系の口コミを見ることも出来ますが、それでは実際に問い合わせをして確認をしてみると正直どっちもどっちではないですか。

 

同業他社の争いが激しいのか、特定店舗に対する嫌がらせを見ているといかに狭い業界なのか分かりますね(笑)

 

クレジットカード現金化というサービスは遥か昭和の時代から存在しています。

 

クレジットカード自体が普及していなかったコトもありますが、当時は今の様なネット社会や携帯端末など皆無でしたから、公衆電話を利用する為のプリペイドカードや各種金券類の購入にあたり、特別な制限は無かったと思います。

 

問題視され始めたのもまだ記憶に新しい、2011年に施行された総量規制以降の話。

 

ヤミ金やグレーゾーンと言われる金利の問題と、バブル崩壊後の低所得者層の生活維持の為に「サラ金」という愛称(?)まで名づけられた消費者金融の繁盛っぷりは異常でした。

 

金融業に就職すれば高収入が約束されるなんて話もあり、当時は取り立てにしても随分と「イケイケ」な感じで、過剰な金利や従業員に課せられたノルマも高収入と引き換えに過酷であったとされています。

 

規制がされたことで銀行傘下に統合された貸金業者は今も尚、どうにか生き残りに成功しましたが、成せなかった会社(武富士など)は続々と潰れてましたよね。

 

借入上限が年収の1/3設定、さらに収入が無い者は問答無用で申込みが出来ない状況になったコトで、クレジットカードがあれば何とか出来る金策として盛況を極めていくことになります。

 

国民生活センターが発表する当該サービスの相談件数を確認しても、施行前後が相談件数のピークを迎えている事により、今現在は関係団体や比較サイトでの注意喚起をするところが増えていますが、当時の検索結果の結果はクレジットカード現金化業者はもちろん、絶賛と称賛のみの広告サイトが乱立していました。

 

今も尚、そのような広告掲載料を募った形のメディアサイトがあるものの、その数は圧倒的に少なくなり注意喚起とデメリットについても記述された比較サイトが多くなった事で、日々進化する悪徳業者での利用リスクを減らす役割を担うようになりました。

 

逆に、良い事しか書いていないところは疑うべきであり、安易に信用してはいけません。

 

従来型のクレジットカード現金化が最も安全かも

 

Amazonギフト券やキャンセル式などと呼ばれる新進気鋭のクレジットカード現金化の方法が生まれていますが、何かと新しいものを好む日本人はコレをどう捉えるべきか考えてみます。

 

総量規制の施行直後に逮捕されたクレジットカード現金化業者の二の舞になるまいと、次々と新しい方法で手段を模索する業者たちですが、どうやら万全な方法とは言えないようなのです。

 

(従来のクレジットカード現金化についてはこちらからどうぞ)

 

これは業者に限らず自分自身でも行える方法の一つなのですが、まずAmazonギフト券Eメールタイプを通常の手順と同じように購入します。

 

この時、送付先メールアドレスは自分の連絡先にし、届いたギフトコードをギフテッィシュやアマオクなどの換金市場で出品する方法で、売値はこちらの言い値になりますが、デフォルトで購入する金額と大差変わりないのであれば、なかなか買い手が見つからず、現金が必要なタイミングまでに間に合わない可能性があります。

 

しかも、この方法は近年アダルトサイトの不正詐取で用いられている方法と同一でありますので、今現在は実行できる手段ではあるものの、銀行法や古物営業法に抵触されている営業内容ですから、一網打尽の中の1アカウントとして事情聴取されても可笑しくはありません。

 

さらに利用明細にはしっかりAmazonと記載されますし、個人の経済環境を保管している発行元が利用頻度より利用先を照合すれば明らかに換金目的でギフト券を購入していることが分かるはずです。

 

従来の方法では、クレジットカード現金化がそのものが問題視されている事に変わりないにしても、利用者が処罰されたケースはこれまでに報道されたことは皆無です。

 

前例が無い手段に対しては中々踏み込みにくい案件なのか、換金市場は今ものうのうと運営をされていますが、クレジットカード現金化のみならず様々な決済代行となっている為に時間の問題なのかもしれません。

 

とある換金市場は何と、六本木ヒルズにオフィスを構えられる位に儲けているようで、代表者のSNSでは右から左へ流して中抜きする商売で得たお金で豪遊する生活が見れます。

 

しかも資本金は1億円。

 

あの吉本興業が減資して1億円になったとは言え、同じ金額を資本として蓄えています。

 

何時の時代も貧乏人は利用されるのが人の世・・・富を得るためには何かを自ら発信し人に認められる必要があります。

 

どんなに技術が進歩しようが、法改正しようが、それが会社員であってもアスリートの世界だろうが、個々に所属される組織の中では弱肉強食の争いがあるのが人間社会です。

 

例に挙げた方の様に、新しい換金の仕組みを業態化出来れば貴方もお金を得る事が出来るかもしれませんが、世間からは白い目で見られるかもしれませんね。